お久しぶりにパワースポット巡りに参りましたよ(^^♪
2021年6月、夏至の特別な日に行くべきはどこかな?とイメージしたらパッと浮かんだ場所、あなたならどこですか??
私はタイトルにあるように島根県 出雲大社にお参りさせていただきました。この記事で、あなたも一緒にパワースポットを訪れている感覚になっていただければ嬉しいです。

出雲大社、表参道を上り大鳥居

出雲大社といえば大国主大神やいなばのしろうさぎが特に有名ですよね。
出雲大社の歴史は867年(貞観9年)と古く、大社(おおやしろ)はまさに出雲大社を指す言葉だったとか。
現在では「縁結び」の聖地とも言われていますが
かつては空高く伸びる千木で宮殿を建造してた模型もあるほど「国譲り」の地として重要な拠点でした。

かつての出雲大社、千木のそびえる宮殿がこちら

現在ではもちろん、このような大きな宮殿はありませんが出雲大社は広大な敷地に様々なスポットがひしめいて、まるでかつての弥生の風を体験することが出来ますよ。

出雲大社ご案内、広大な敷地に驚き

カーナビにて住所を設定すると無料の駐車場に案内してもらえたので、平日なら余裕をもって参拝出来るのでおすすめです。

出雲大社のさざれ石がお出迎え。木彫りのレリーフも見事


駐車場からのルートには喫茶店など休憩出来る場所、そして国歌にも登場する「さざれ石」を見ることが出来ます。

表参道山道の大鳥居を潜り、出雲大社本殿へ

まずは鳥居をくぐり、ご挨拶です。

いなばのしろうさぎがお出迎え。何羽見つかるかな?

出雲大社にはいたるところに「いなばのしろうさぎ」のモチーフを見ることが出来るので、癒されますね(^^♪どのうさぎも表情やポーズがひとつひとつ違うので、あなたのお気に入りを見つけてくださいね。

いざ御祈禱。出雲大社の御祈禱申込書をチェック


そして、何を隠そう今回のメインイベント、御祈禱の申込を行いました。
私が参拝した日ですが、基本的に一時間ごとに時間を区切ってお祈りをされているようでしたよ。
さて、御祈禱はこの用紙にかぞえ年と必要事項目を記載して、お気持ち代と一緒に申し込みます。
お気持ちは5000円からが好ましいようですので、不安に感じる場合は窓口もありますので確認された方が安心ですよね。

御祈禱の際には正装としてこちらを身に付けますので、出雲大社へは動きやすくラフな服装でお参りしてもOKですよ。ですが、やはり出雲大社(‘ω’)ノ出来るだけ人前に出ても恥ずかしくない恰好で訪れることをおすすめします。


無事申し込めた御祈禱まで時間がありますので、どんどん散策してまいりましょう。

いざ参拝。二礼四拍一礼が出雲大社スタイルです。

着物で参拝はその日は私のみでした(”)天気は曇りで、とても過ごしやすくまるで出雲大社からお招きいただいたようでしたね。

こちらはお守りやおみくじです。安産や縁結びなど出雲大社ならではです。
もし、御祈禱する予定がある場合、御祈禱のあとにお守りを確認されることがおすすめですよ。


古くからの社が数多く敷地内にいらっしゃいます。

さて、御祈祷の時間となりました。御祈禱は一般では参拝出来ない本殿を間近で見ることが出来るので、とてもわくわくしますよ。


敷地内ではこの時期、あじさいがとても鮮やかでしたよ。

もちろん、出雲大社参拝の後はランチ兼精進落とし♪出雲と言えばおそばですね(^^♪

実はこの夏至に巡る出雲のパワースポット、まだまだ続きますよ!

お問い合わせ
12星座ラッキーアクションメルマガ登録