春分点-1太陽は今朝、春分点を通過しました。
宇宙の新年ということですね。(あけましておめでとうございます。)
一年の雰囲気を見る時はこの春分図を見て考えます。
今回の春分図は牡羊座に天体が4天体。月、太陽、火星、天王星これらはすべて12ハウスに入っています。
いったいこれはどういうことでしょう?
そして、さらにこの12ハウスと6ハウスはインターセプト(ハウスの中にすっぽりとサインが入ってしまうこと)されています。
12ハウスは心の奥にある深い意識の領域を表しています。
目に見えないこと全般は12ハウスが担当しているとも考えられます。
目に見えないネット社会はますます勢いを増すことになるのは占いをしなくてもわかることですよね。
占星術的にそこいらへんをもっと詳しく見てみましょう。

月は牡羊座8度  A large hat with streamers flying,facing.
「風になびくリボンのついた大きな帽子、東に向いている」

月は女性や子供、さらに一般大衆なども表しています。一般大衆の人たちが世の中の動向に非常に敏感に反応することを表しています。
そしてそれが12ハウスのネット社会ということになります。

月と天王星が接近して月に影響しています。
メカニックや新物好きな天王星は牡羊座16度 Brownics dancing in the setting sun.
「日の入りに踊っている妖精ブラウニー」牡羊座の活動停止度数です。
今まで目まぐるしく新製品がでていたかもしれませんがアップルもマイクロソフトも少し様子をうかがうモードに入りそうです。

月と土星はトライン(天体と天体が120度)で大衆は国際社会や外国人に良くも悪くも振り回される
7ハウス土星は射手座5度 An old owl up in a tree
「木の高いところにいる老いたフクロウ」射手座的な遊びや昂揚感を表す度数です。
円安の影響でさらに外国人が日本文化に興味を持ちやってきます。情報源はそれぞれが発信しているSNSなどでの情報が主体になりそうでです。

発展の方向を表す木星は獅子座14度 A human soul awaiting opportunity
「表現の機会を待つ人間の魂」お笑い芸人度数です。
今年のキーワードは独自の表現力ということになるかもしれません。
牡羊座月と射手座の土星とのゆるーいグランドトライン(正三角形ができること)になっています。
知性を刺激する面白いことに大衆は敏感に反応するということになりますね。

ちょっと気になるのが唯一単独で牡牛の座金星が12ハウスにあることです。
金星は牡牛座5度 A widow at an open grave.
「開いた墓の前にいる未亡人」お金全部使っちゃいました度数ですね。
この金星は7ハウスの土星と正確な150度関係です。
150度関係とはお互いまったく違う特質をもっていて同じものは一つもありませんけど
なんとか相手を理解するために自分を調教しちょっと無理する関係なのです。
7ハウス土星は海外や外国人ですから援助や支援をして莫大なお金が出ていくことは間違いありませんね。
また、お金を表す金星は魚座の水星とセプタイル51.43°(360÷7)
円の7分割ですから戦車のカードをイメージしていただければわかりやすいと思います。
水星は魚座13度 An sword in museum.
「博物館にある刀」目に見えない世界でのカリスマとか、指導者みたいな度数ですね。
この水星は海王星ともコンジャンクション(天体が重なる状態)ですから、妖しいですね。
裏で海王星が水星を操っているのが見え見えですね~。
十代の飲酒やドラックには注意が必要ですね。
いずれにしても、月と水星の毛色が違う年になります。
マーブルケーキのようにそれぞれが絡み合ってもいますね。

変なしめになりましたが
引き続きこのブログでは勝手な星読みを楽しんでいきたいと思います

明日も頑張ろう。(*^^)v