本当に残念な俳優さんをなくしてしまいました。
彼の映画はずいぶんみました。
ということで、早速ホロスコープを出してみました。
インタビューではご本人は俳優に向いていないとか、嫌いな職業とおっしゃっていました。
水瓶座に水星と月と太陽がありますからねー
人前で監督の言われたとおりに動く普通の俳優は嫌いだったのでしょうね。
健さんは普通を越えようと常にしてましたよね。
ただ一方で、火星は獅子座の1度ですから人前で見られながら演技するのは快感だったと思いますね。
金星と土星のコンジャンクションと木星冥王星のコンジャンクション同士のオポジション
ストイックさが半端じゃありませんよね。毎日腹筋100回やっていたとか
その180度にスクエアで天王星があって相当なへそ曲がりではありますよね。
私が気になったのは彼の太陽と月です。
出生時間が不明なので月に関してははっきりとわからないのが残念ですが
太陽だけ一人孤立しているみたいに見えます。新月前のノンアスペクトの太陽です。(ほかの天体とアスペクトのないこと)
太陽は夫を表していますから、結婚生活で彼は夫としてどういう風に接していけばいいのかわからなかったのかもしれません。
お墓参りを欠かさなかったのは、死後の彼女のほうが水瓶座の太陽の彼には妻として意識できたのかもしれません。
(これはあくまで私の妄想です。)
でも健さんはこの使いずらい強力なエネルギーを見事に使いぬかれたということも見えてきます。
こんな風に使い切ってみたいものです。
彼の天王星に天王星が回帰してお迎えがきたかのように見えました。
ご冥福をお祈りしています。

明日も頑張ろう

高倉健-1