仕事の合間の隙間の時間にミッドタウンのサントリー美術館に行きました。
入るなり弘法大師空海の若い時に自分はこういうつもりで仏教の道に入ります的なことがかかれた書。
達筆すぎます。空海の直筆の書に出逢えたなんてしあわせ。
そして、鎌倉時代、仏教彫刻界に新風を吹き込んだ仏師・運慶による国宝《八大童子像(はちだいどうじぞう)》
お顔を拝見しているだけで不思議な気分になってきます。(可愛いのです)私はしばらく立ち尽くして見入ってしまいました。
大日如来坐象も素敵でしたし、孔雀明王像なんて孔雀の上に乗っているんですよ。
お天気が悪かったせいか館内はすいていて最高の美術館日和。
あまりにも感動したので、自分のホロスコープを出してみました。
すると、すっかり忘れていましたが太陽と金星がコンジャンクション(合)で私のディセンダントにあるではありませんか。
空海が私を呼んでくれたのですね。(笑)
私のプログレスの月は魚座の29度にあります。魚座29度は約1か月続きますが(これを書いている今も仏像が目の前に浮かんできますもの。)
魚座から牡羊座に移動する最後の29度は、ちょっと三途の川を渡るような雰囲気があるのですよ
しばらくサントリー美術館に通うことに決めました。
カウンセリングも今の私は一味違うかもしれませんね。(笑)
明日も頑張ろう。