今日から9月1日までは24節気をさらに細分化した72候では、天地始粛(てんちはじめてさむし)という区分に入ります。
ようやく暑さが静まる頃。天気図には秋雨前線が登場し、冷たい空気とともに秋を運んできます。とはいっても、日中はまだまだ暑く、夏の気候が続く日が多いのもこのころ。
ということで、私はザ・ゴルフクラブ竜ヶ崎でラウンドしてきました。小雨交じりではありましたが、涼しい高原でゴルフをしている気分でした。
実は、このゴルフ場はいつ行っても50組前後のお客様が来場している人気のゴルフ場です。(料金はどちらかというとお高いです。)なぜ繁盛しているか風水的に少し考えてみました。
繁盛の原因の一つは玄関のエントランスに現れていました。
まずはこの円形の芝生のロータリーです。ここで氣の流れを作っています。
そしてこの作りが四神相応になっていて前面が低く開けていてクラブハウスの後ろには丘陵が広がっているのです。
近隣のゴルフ場もほとんど見てきましたが、やはりこれだけシンプルに解りやすく四神相応を実現しているゴルフ場は近くにはありません。
コースとしても特殊な技法を使っています。もともとあった樹木をあえてある程度残してコース設計されています。
普通は一度更地にしてそれから樹を植えたり池を作ったりして設計されるそうです。(そのほうが簡単でコストも安いそうです)
コースを回っていて森林浴をしている気分になれるのは樹齢のまちまちな様々な樹が繰り出すハーモニーが聞こえてくるからです。こういうゴルフ場はとても珍しいと思います。
繁盛しているのは何か必ず訳があるのだと今日はあらためて思ってしまいました。
明日も頑張ろう。
20140828霧雨ゴルフ