ちょっと時間が出来たのでとりためていた
番組をまとめてみたりしていました。
尾野真千子さんが主演の「足尾からきた女」というドラマをみました。
足尾銅山の鉱毒の被害を受けた村の娘役を演じた尾野さんですが
どん底の生活やその後、東京で社会主義の先駆けで活躍する女性の活動家の家で
住み込みで女中の仕事をすることになるのですがそこはそこでかなりハードな環境ではあるのです。
で、本題ですがあまりにも違和感のない尾野さんでしたのでホロスコープを書いてみました。
まず太陽は蠍座12度「大使館の舞踏会」思い切り背伸びをして人とかかわっていく度数です。
その太陽に乙女座の火星が60度でエネルギーが充実している感じです。
問題の月ですが時間がわからないのですがちょうど山羊座の終わりか水瓶座の初期かという位置にあって
天秤座の木星冥王星水星の正確なコンジャンクションにスクエアです。
凄く納得。
冥王星木星のコンジャンクションと言ったらグレートコンジャンクションですよ。
キングメーカー。どんな役(たとえ女中役だったとしても)どこか偉そうなオーラは隠せないんですね。
彼女の場合は水星がそれにくっついていますので
セリフ一つ一つそんな感じになるのでしょうね。
獅子座には一つも天体が無かったから月の影響がずいぶん色濃く出ているなと思いました。
いて座の金星もこのグレートコンジャンクションと60度です。
金星は海王星とコンジャンクションです。
時々神がかったような演技ができるのはこの金星の雰囲気でしょうか。
あと、いつも生活力のない芸術家タイプの男性に恋して苦労する女を演じたら最高にハマるのは
彼女の火星が乙女座9度「表現主義の画家が仕事をしている」にあって
彼女の好みとあまり相違なく投影しているせいではないかななんて思ってしまいました。
今回のドラマでは石川啄木に恋をするのですが・・・
出生時間はわからなかったのですが何となく午前中に生まれていそうだななんて感じました。
今後のご活躍に期待したいですね。

話は今の天体の動きに変わります。
このところ木星と冥王星が180度を形成しています。
社会と自分の基盤の間で強いエネルギーを使えるはずです。
そして明日は水星が面白そうです。
蠍座の土星と90度、天秤座の火星と120度です。
アクセルとブレーキが同時に利いているイメージですね。
水星はコミュニケーションです。
どんなふうに伝えたいかという意識をしっかり持てば流れを作ることはできると思います。

明日も頑張ろう。