サンドラブロック主演の映画でした。
宇宙空間になげだされ宇宙ステーションも宇宙ゴミによって破壊され
生存者はその時船外活動をしていたジョージ・クルーニが扮するベテラン宇宙飛行士のマット・コワルスキーと
サンドラブロックが扮するメディカル・エンジニアのライアン・ストーン博士二人だけ
酸素も残りわずかなサンドラ扮するライアン博士はパニックに陥ります。
その時一緒に彼女に寄り添いたわいもないジョークを飛ばし続けるジョージ。
じゃなかった、ジョージ扮するコワルスキー船長。(キャー!素敵すぎる)
ネタをばらしてはいけませんからあらすじはともかくとして
サンドラの鍛えあげられた肉体が凄い。
彼女の月はみずがめ座の後半でおうし座の木星と90度
みずがめ座の月の人って結構クールに肉体改造していたりしますよね。
彼女は双子座後半に金星と火星のコンジャンクションをもっています。
だから何となく中性的でカッコいいんですね。
ちなみにジョージの火星はしし座の初期の度数でサンドラの太陽と同じ
ジョージの太陽と水星はおうし座の後半でコンジャンクション。
サンドラの木星と重なるじゃありませんか。
相性抜群ですねー。
何となく最近、お正月ボケしているあなた
ちょっと生きることに気合が入る映画ですよ。
そして酸素や地球に感謝ですね。

明日も頑張ろう。