ソードの3

 

今日はソードの3を引きました。
00_20180816_1

ソードは情報やビジョン、意志力、コミュニケーション、だから電気通信なんかもそうですね。ソードは比較的無機質な絵柄になっていますが、このソードの3は切り落とされる雰囲気の絵柄が出ていますから、ぎょっとされる方もいるんですね。カウンセリング時なんかてきめんに嫌われるカードの一つです。

 

数字は「骨」絵柄は「肉」

 

3という数の原理からいうと、発展させたり、生み出すのが「3」です。それと切り落とすというのは一見相反するように見えますが、この場合は発展させるために選定するというイメージです。

現実的な数々のシチュエーションでもこういう例はたくさん見受けられます。今ある会社を発展させるためにリホームをして使わないものや、古くなったものを次々に捨てていくのも「ソードの3」ですし、病気になって患部を切除するのも「ソードの3」です。最近では個人的に断捨離のカードとか言ってしまってますね。断捨離したことで、その時は、愛着のあるものと別れるのはつらいかもしれませんけど、実際、それを捨ててしまうと、すっきりして、むしろ捨ててしまってよかったな。みたいに感じることがあるはずです。お掃除してスッキリ。というのもこの「ソードの3」に近い感情です。

何ですっきりするかといえば、物がなくなったことで、思考回路がシンプルになって、「今何を最初にやるべきか」とか「自分が求めていた生活って何?」とか「大切なものって何だろう」みたいなことまで整理しやすくなるから不思議です。つくづくお部屋と前頭葉は直結しているんだなと思います。

 

オーシャンズ8

 

今日は個人的には日中は家事をしたり、少し仕事のメールをしたり、していましたが、夕方から家族と外出しました。カーテンを見たり、食器を見たりして映画館に到着すると見たのは「オーシャンズ8」最高にクールな作品でした。私個人としては後、2・3回は観たい映画の一つですね。女性だけで、宝石をゲットする単純な結末ではありますが、出て来る女性がとってもクールなんです。ドレス姿もみんな個性的で様になっているし、内容もバッチリですね。今回はそれまでのジョージクルーニーが出てきて、体力を使って奪うというのとは少し違います。ハッカーが登場したり、その中間業者的なビジネスの人や、子持ちの人。そんなに大変な中での2億近いお金をゲットしていきます。男性とは違った魅力満載です。

是非、映画館に足を運んでいただきたいです。

おあとがよろしいようで(*^^*)