新月はすべてのスタート

太陽と月がピッタリと重なる瞬間が「新月」と呼ばれています。なので、ここから月は少しずつ大きくなっていきます。今回は蠍座で新月が起こったわけなんです。待ってました「財運」の新月です。なぜ財運なの?別にいつもと変わりないじゃん。何がちがうのーーーー???という方はこの先の話は読んでもわからないかもしれませんのでごめんなさい(笑)

00_20171119_1

 

蠍座は牡牛座と並び「財運」に関係するサイン

これを書くと「私蠍座とか牡牛座に天体ありませんーー!お金持ちになれないんですか?」とか「牡牛座なんですがどうしてお金ダメなんですか?」とか「蠍座なんですけどどうしてお金困ってるのですか?」とか質問してくる人いるんですけど、そんな人はだいたい使い方が間違っている場合が多いし、天体持っていませんって言ってる人もホロスコープを書いてみるとちゃん10天体の中では持っていたりするんだけど、私がここで言いたいのは、全ての人に公平にいま宇宙を運行している天体での話。今、天を運行中の天体の話なのです。だからすべての人に公平にエネルギーはめぐってくるということなのです。

蠍座木星期に蠍座での新月は2回

00_20171119_4

蠍座は人の財運を動かすイメージです。湖や地下水のように財運が流れ込んでくるイメージです。今回の新月ではまさにそんなイメージをするといいのかもしれませんね。風水で水槽を置くのは脳の無意識の領域にこの「水の流れのような財運」が流れ込み循環し良い流れを作るイメージを埋め込む作業なのかもしれませんね。そういえば、昨日観たブレードランナー2049も大本締めの社長的な存在の人がいた「社長室」は「水」の上に浮いていましたね。風水調整バリバリしてるわーーー!って思いましたよ(笑)
で、来年の蠍座の新月を最後に木星はすぐに射手座に動きます。なのでね、今回の新月の願いや目標が1年後の新月までにかなったかどうか、木星は見届けてそして更なる応援をしてくれると考えて、今回は計画を立てると宇宙の流れにスムーズなのかと思います。

次の満月までに行動

それではいつまでの新月に関していつまでに行動すればいいの?ということになるわけなんですが、それは12月4日0時44分に満月になります。それまでに行動出来れば、蠍座列車に乗れたということにはなるわけです。蠍座の列車に乗ったらあとは昨日とか今日に掲げた目標に向かって「財運」は動いていくのかもしれませんね。不思議なことですが、敏感な方はいわれなくてもそのように行動しているし、10月中旬に木星が蠍座に動いてからご連絡をいただいた方々などは次の満月がまるで分かっているかのようなスケジューリングでビックリしました。

蠍座は深い愛情や絆にも関係

蠍座は財運だけでなく血族関係、結婚や、人と人との深い結びつきにも大いに関係があります。もちろん組織と組織の結びつきや、会社との結びつきなども含まれます。誰と結びつきたいのかということをこの時期は特にイメージしておくと良いし、イメージできない場合は「ご縁」がなかったということになるのでしょうね。

00_20171119_5

私は個人的には新月の前日でしたが諏訪神社に参拝してきました。山梨在住の妹から突然のお誘いでしたが偶然大した予定もなくすーーと行けてしまい久しぶりに、妹と一緒に諏訪湖の湖畔を散歩したり諏訪神社四社まいりができて大満足。でした。諏訪大社に関しては風水のパワースポット巡りのブログにそこで受け取ったメッセージなどを書いてみようと思います。(身延山の久遠寺のこともまだ書けてないんだけど。。。)
とにかく、今回の新月があなたにとって素敵なサイクルになりますように(^^♪