一昨日は株式会社ウィザップ主催のセミナーに参加していました。スピーカーは坪井秀樹氏と山本たいぞう氏どちらの方も私がお会いしたくてたまらなかった方でした。興味を持った方のホロスコープは徹底的に読んでみたくなるのが私の悪いクセ。
案の定お二方は快くバースデータを教え下さり私の話しを笑顔で聞いてくださいましたよーー!
00_20171008_1

【坪井秀樹氏は自分の羽を抜いて愛に変える革命児だった】
早速、ホロスコープを出してみましょう。
00_20171008_10
とても特徴的な図形グランドクロスが出来ています。この図形はココシャネルと似ています。クリエイターや創業者タイプといえますね。
まずは彼の太陽は双子座20度サビアンシンボルでは「カフェテリア」太陽はその人の軸を表します。
カフェテリアは零細企業の社長に多い度数。何でもやります。器用だし早い。接客やメニューの考案やネーミング、お店の経営や会計、ゴミ出しあらゆる雑多なことが束になってかかって来てもそこに感情を入れず、むしろ楽しんでしまう人。そう言えば坪井氏のスピーチはカフェテリアみたい、受け手を飽きさせない仕掛けがあらゆるところに見え隠れしている。
00_20171008_2
マックインの映画の一場面から始まって、廃棄→上場までの話しそして流れる雰囲気は「アウトロー」そして「家族愛」彼の金星は蟹座6度サビアンシンボルでは「巣を作る猟鳥」家族や愛する何かのために身を粉にする度数です。金星がこの度数ということはそれが好きということです。この人のパワーの源はこれなのかもしれない。
00_20171008_3
彼の乙女座火星と魚座土星は180度です。これは並外れた集中力の持ち主。流石ーー!この漫画はきっとご自身で書かれたものですよね。ウマすぎです。
まだまだお話しはありますけど、次回の楽しみにとっておくとして、(次回っていつよ?!)(笑)
ワイワイ氏ののホロスコープをみてみましょう。
00_20171008_11

【ワイワイ氏は大河ドラマのお陰様で変にならずにすんだ人】
まあ、素晴らしい!坪井さんもそうでしたけどワイワイさんもかなりクレージー(笑)その人の中の安全装置と言うか最後の砦というかそんなイメージの天体は「土星」なのですがその大事な「土星」が非常識天体「海王星」と180度出たーー!

00_20171008_4
ワイワイさんの太陽は牡牛座18度にあって普通は太陽を軸に廻っていくはずですが、ワイワイさんの太陽は「ノンアスペクトの太陽」この太陽は他の天体と関与して無くて全くアテにできません(笑)彼はセミナーの中でこうおっしゃっています。「自分は5歳の時から大河ドラマを見て記憶していた」とそのスライドが↑ ↑ ↑
5歳と言えば天体の年齢域では「月」です。
彼のホロスコープの中の1番厄介な土星と海王星の180度のエネルギーを唯一吸い取ってくれるのが「月」彼の月は魚座2度。魚座の支配星は海王星なので幼少期はあっちの世界とこっちの世界を行き来するみたいな感じになりやすいのね。彼の場合のあっちの世界というのが歴史というか過去にタイムスリップすることだったのではないかしら。その扉になってくれたのが大河ドラマのではないかと、私は推理してみました。だってそんなに普通鮮明に幼少の頃の記憶できませんって(笑)とにかく
彼は脳の海王星領域の回路を使ったはずなのよ。きっと。そして未知の何かに遭遇するとエネルギーがわいてくるタイプなのです。
00_20171008_7
考えるより感じろってこれまさに「海王星」の世界でしょう。凄い才能です。普通の人には簡単にはまねできません。

ところで、今回二人がセミナーを同時に開催することになったいきさつに関しては私は知る由もございませんが、ホロスコープの上ではしっかりと意味が読み取れているのです。
坪井氏の木星とワイワイ氏の土星はどちらも双子座前半で重なっていて6日はその二人の天体に対して天を運行中の太陽と水星がトラインそれだけかと思ったらなんともう一つ二人の意識を表す天体も重なっていてもしかしたら宇宙に仕組まれたセミナーだったのかもしれません。

00_20171008_6
ということで、もっと書いていたいけど
これ以上書くと私もなお一層「変な人」みたいな感じになってきますので今日はこの辺にしておこうかな(笑)

最後まで読んで下さりありがとうございました。♡