IMG_2762

今日の1枚はワンドのナイトです。
ワンドは情熱です「火」のエレメントですから常に成長していきたいのです。ナイトはコートカードの中のペイジの次の階層です。
戦国時代なら馬に乗った武将です。昔って武士って全人口の7%くらいしかいなかったということです。あとは農民や商人とか漁師とか
ということなんで、ナイトはとっても凄いことなんですよ。ペイジを束ねる役割やペイジを育てたり、ペイジを使ったり、いずれにしてもペイジの上をいかないとナイトとは言えませんよね。

今日このワンドのナイトを引いたということは、一般的には「ちょっとねーーーー」「ヤバイかも」みたいに思われているようなことに
ガンガン挑戦したり、危ない橋を渡ったりということに興奮して突っ込むくらいでちょうど良いのです。(自己責任でもちろんやるんですよ)人のせいにしている時点で、それは「ワンドのナイト」ではありませんから。
人のせいにしたり、環境のせいにしたり、年齢のせいにしたり、その時点で「ナイト」ではなく「ペイジ」ということになります。
あなたが自分で何かを決めて、自分の責任のもとやることだから価値があるのです。
成功か失敗かなんて、そんなの人が勝手にどこかの時点のことだけ見て言ってるだけだから気にすることなんてないんです。
その人の人生のエンドロールが出て幕が閉じる瞬間に笑えたら「大成功」なんですから(笑)

ワンドのナイトがタロット占いで出てきた時のエピソード
お仕事のご相談で二者択一スプレッドをやった時にご本人のところに出てきたことがありました。その時は「正位置」ではなく「逆位置」ご本人のモチベーションややる気がいまひとつの時は、ナイトになり切れず「逆位置のナイト」なってしまいます。これは案外たちが悪い。過去の栄光から抜けられなかったり自分というハードルを越えられなかったり、迷うだけで満足している場合はマズイ。
いっそのこと当たって砕け散って、ペイジからやり直したほうが早いときもありますよね。
逆位置でカードが出てきているときは黄色信号が点滅していると考えたほうが良いんです。その場所を疑ってかかったほうが良い。
だから私は朝の一枚は「正位置」も「逆位置」も考えず、正位置にするためにテーマとしてとらえようねーーー!って
いつも生徒さんには言っているんですけどね。朝の時点で逆位置なんて考えなくていいんですよ。占いじゃあるまいし(笑)

あなたにとって今日が素晴らしい一日になりますように♡