img_2407

今日の一枚はカップのナイトです。
ナイトはコートカードといわれるカードのグループで、江戸時代なら高位の武士みたいな感じでしょうかね。馬を所有することができてその馬を乗りこなせるというのがナイトの最低条件ではありますよね。
カッコよく馬に乗れないとダメですよね。江戸時代は身分がはっきりしていて実は「武士」は全体の人口の7%しかいなかったわけなんです。だから本当に只者ではなかったんです。
今日のカードの「カップのナイト」は会津藩とか新撰組っぽい感じではあります。愛するひとのために命をかける。自分が本当に守り愛するものは何なのか。それに命をかけて先頭を切って走るのがカップのナイトなんです。
ちょっと現代に置き換えるとイメージしにくいかもしれませんね。でも本当に注意して世界情勢を見ているとちゃんとカップのナイトは存在しています。NPOで危険地帯にもかかわらず救援活動を続ける人々。難民のための支援を続ける人々。医療活動を日夜されている方々。そんな人たちってカップのナイトだと思いませんか?

カップのナイトがタロット占いで出てきた時のエピソード
そうそう。エクスマ新春セミナーの当日の朝に引いたカードがこのカップのナイトでした。私ははじめてセミナーには参加したのですが「愛」がみなぎっていてびっくりでした。今やビジネスの成功は「愛」なのだと思いました。
自分が自分のビジネスをどれだけ愛していて、それをお客様と共有していく感じですね。だって「お仕事が嫌いで辞めたい」と思っている人から買いたくないでしょう。「早く仕事を隠居したいとか引退してゆっくりしたい」とか言っている人に診てもらおうなんて思わないもの。仕事が好きで好きでしょうがない人にたのみたいですよ。そうでしょう。それがカップのナイトなんです。

あなたにとって今日が素晴らしい一日になりますように♡(*^^*)