2017-1-10-11

今日は「ソードの10」を引きました。
「ソードの10」って嫌われるカードのベスト10にはランクインするカードかもしれませんね。

いえ、確実に入っています。これでも、まだ松村タロットのソードの10は可愛いもんです。
ウエイト版のソードの10なんてこんなですから。

IMG_2850

背中から地面にぶっ刺されて倒れていますよね。
これじゃ「タロットカードって怖い」ってことになるわ。(ホント)私も怖いわ。
このカードはウエイト版というデッキなんですがこれを書いたウエイトさんはよっぽど「ソード」に恨みがあったのか知りませんが、結構怖く書いているんですよ、ソードだけ。
しかし時代は流れ解釈も当然100年前とは変わっていきます。変わらない真理の部分もあるけれど、むしろほかの部分は変えて解釈しないととってもトンチンカンな解釈になってしまいます。特に「ソードの10」は情報や知性の部分の達成イメージを表しています。ということは一番変化が著しいスートということになりますよね。100年前にはスマホもドローンもビットコインもなかったわけですから。だから解釈は柔軟にしないといけません。10年前に出版されたタロット教科書とかも、そう考えると修正が必要かもしれませんよね。益々楽しいですね。

「ソードの10」がタロット占いで出てきた時のエピソード。
転職しようか、それとも今いるところを引越しするかというご相談の時相談者の彼女を表す場所にこの「ソードの10」が出てきました。結論からいうと、転職せずに今でも彼女は頑張っています。そうなんです。彼女は大掛かりな人事異動で彼女が慣れ親しんだ人たちとは仕事ができなくなってしまいました。彼女はその中に彼女が思いを寄せていた人もいたのですが、「別れを決意して淡々と仕事をしましょう」彼女はきっとまだ未練があるとは思います。でも彼女のとった行動は大正解ではあったのです。だって、その後お会いした彼女は本当に生き生きとして美しくなっていたからです。心の状態は外見ににじみ出てくるものですよね。

あなたにとって今日が素晴らしい一日になりますように。