img_2297

今朝は2番の女教皇のカードを引きました。
大アルカナのカードです。魂からのメッセージです。このカードの意味を考える時はまず1番の魔術師を考えないとわかりにくいかもしれませんね。というのも1があっての次の一手みたいなのがこの女教皇のカードでもあるからです。
「○○をやります!」と宣言してしまったらそれに向けた準備を日々黙々とやる感じがこのカードのイメージに近いです。それには自分の内面としっかり向き合っていかなければならないのです。自分の内面には果てしない宇宙が広がっていて、その果てしない宇宙に気が付くには殻を破って掘り下げていくやり方もあるかもしれないし、同じ作業を黙々とやり続けることかもしれません。
例えば「ブログを書きます」と宣言したらそれに向けて毎日パソコンに向かったり,参考になる本を読んだり、パソコンのスキルを磨いたり自分のテーマに関する資料を読んだりするじゃないですか。
マラソンレースに出ます!って宣言したら、やはりそれに向けて真剣にトレーニングしたり、ちょっと身近なレースにエントリーしてみたり、時間をやりくりしたり、グッツに凝ったりするんですよよね。
1番の魔術師のその裏の雰囲気のカード。つまり白鳥でいえば水面下で一生懸命かいている足ひれの部分みたいな。見えないんだけどとっても大切な内面探索がこの女教皇のカードですね。宣言に対しての後始末みたいな感じに考えてもらってもいいかもね。

昨日は午後から会員さんの初めてのお見合いに同行したりしていました。
毎回こちらまでドキドキする瞬間なのです。いい加減もう慣れてもいいころなのに(当然、自分のお見合いではないし)
なんでここまでドキドキするのかと考えてみると自分の子供のお見合いみたいな感覚なのかな。
自分のお見合いだったらそんなにドキドキしないかもね。

昨日嬉しかったこと
お見合いが大成功に終わった事。何となく2足の草鞋的な生活のリズムがつかめてきたこと。

明日も頑張ろう。