図書館書籍やタロットカードをご購入された方から
メッセージをいただきました。
こんなメッセージです。

以下メッセージ

タロットですが、通常の塔のカードは人が落ちる絵が描かれていて
怖くて、タロットは使えないでいました。
1970年頃大阪千日前デパートの火災でビルから人が布団を持って飛び降りるという光景を
テレビの生中継で見ていてそれがトラウマになっていたのですが、
松村先生の塔はぜんぜん怖くない、
それで購入しました。
現物のほかのカードを手に取って見ましたが、
通常のタロットに比べて、思い込みの入る量が少なく、
精神世界に早く入れるように思います。
例えば、女教皇なら通常王女様の絵柄で王女様のイメージから入って
自分の持っているものに紐づけ、という事に少なからずなってしまいます。
妖精を見ながら妖怪を読み取る、のでなく、
妖精も妖怪もない絵柄のタロットで自分に合っていて使いやすいです。

メッセージ終わり

そうなのです。
松村タロットは占う側としてもとてもわかりやすいカードです。
初心者に向いているといえばそうなのですが
高度な占いの局面でもきちんと問いに答えてくれる。
そんな優れもののカードなのです。
それは使ってみればすぐわかります。

なので何度も購入されるリピーターのお客様が後を絶ちません。
このデッキは図書館の中にある情報と同じなのです。
人生を楽しみましょう。