stock-photo-20561098-smilies-yellow-stickers-on-blue-background[1]

世の中の人の中で
占い師にお金を払ってみてもらったことのある人はいったいどのくらいいるのでしょうか?
多分、かなりの少数派なのではと思います。
それでも朝のTVの占いや、雑誌の占いを気にしてる人は
結構な割合でいるのではないでしょうか。
更に自分の未来や自分そのものを知りたい人は多いとは思います。
このあいだ私はあるセミナーに出席しセミナー後の懇親会に出席した時。
私の職業を当然聞かれるので占い師と答えると、まずほとんどの人はご自分の右手か左手を私に差出し
「どうかな、僕は成功しますか?」みたいなことを言ってこられます。
「手相もだいたいわかりますが私の専門は占星術とタロットと風水ですから(笑)。」というと
「僕は獅子座だけどどうかな、割合に体温は高いですよ」みたいな感じで(-_-;)
説明してもわからなそうな方は笑顔でやり過ごす時もありますが
じれったくなってスマホでホロスコープを出したりして、さわりだけ説明したりもします。
そして、よくカウンセリングをしていて感じることは
本性の部分と意識の部分をごちゃまぜにしてる人が多いこと
この辺の線引きが理解できると
案外楽になる人は多いです。
プログレス天体はゆっくり進んでいきます。
カウンセリングではあまり使わないプロの方々も多いです。
普段からご自身の意識の領域を掘り下げて観察していないとわからないところもあるからなのです。
 
本性と意識は別のサイクルで動いている
 私の場合だと1ハウスに天体が3個もあるので本性は自分主体で何かをやることが人生の軸だったりするのですが
プログレス天体の月が12ハウスに入ってきてから
人の応援をする方が楽しくなってしまいました。
自分が黒子でいるほうがしっくりくるような感じ
もともと12ハウスは縁の下の力持ちのような役目を果たしますので
フォーチュンブライダル ヴェステアを立ち上げたのも意識の変化からなのだと思います。
ですからご自身のプログレス天体がどこのハウスにいるのか
探ってみるのも面白いと思いますよ。

2016年1月10日㈷のマインドプロダクト講座ではその辺のこともしっかりと抑えていきますよ。

ちょっと気になった方はぜひ↑チェックしてみて。

明日も頑張ろう